トップ > 法人のお客様 > 企業法務

企業法務

文字サイズ変更中大

~会社設立当初から定款を一度も作ってないのでは?~

平成18年の商法の大改正により、会社法が施行され、様々な会社形態が可能になり、また、有限会社法が削除されたことで、旧有限会社は特例有限会社とされることになりました。
当時からの定款では、会社法に則っておらず、例えばその定款を取引先の金融機関等に提出したなら、遅れている会社というレッテルをはられかねません。
定款とは、いわば会社の憲法です。会社の顔を一度きれいにしましょう。
そこで、会社法で新たに追加された制度等を利用した、新しい定款を作成してみませんか?定款を変更したことで、何か新たなきっかけになるやもしれません。
また、その他司法書士ならではの,中小企業に特化した企業法務サポートも提供させて頂きます。


(例)

  • 定款整備・機関設計コンサルティング
  • 各取引の法的妥当性検討
  • 新会社法の解釈・説明
  • 株主総会準備・運営、議事録作成
  • 社内規定の作成・レビュー
上へ