トップ > 個人のお客様 > 賃貸トラブル

賃貸トラブル

文字サイズ変更中大

引っ越しする際に、敷金を返して貰えなかったり、高額のリフォーム代金やクリーニング代金を請求されたことはありませんか。
敷金は大家さんが一時的に預っているお金です。
預けているお金ですから、部屋を明け渡したときは返して貰う権利があります。


賃貸契約を結ぶ際に、賃貸管理業者が、契約書に様々な「敷金精算条項」を設定していることがあり、借主に知識がないことをいいことに、過剰な支払いを要求するケースが多く見られます。
しかし、これらの多くは、たとえ契約書にハンコを押していても「不成立」あるいは「無効」との判決が下されています。


賃貸住宅での補修費用等の考え方は、民法・借地借家法・国土交通省ガイドライン・過去の判例から成り、入居者が負担しなければいけないのは、あくまでも傷や汚れを付けた場合のみとの見解が出ています。


悪質な請求だと感じたら、すぐにご相談いただくことをおすすめします。

上へ