トップ > 個人のお客様 > 許認可手続き

許認可手続き

文字サイズ変更中大

建設業や宅建業など、その事業を行うにはあらかじめ役所や官庁がに許可や認可を受けたり、事業開始の届出を行わなければならない業種があります。


特に営業関係の許認可手続は複雑なものが多く、申請準備から許可が下りるまで、実際に数ヶ月も要することもあります。もし、これらの手続きを全てご自分でなされる場合の手間と負担は決して軽くありません。


そこで、当事務所にご相談を頂ければ、その事業を行うにはどのような許認可が必要か、どの書類をどこに提出するのか等をアドバイスする事が可能です。


当事務所でお取り扱いしている許認可申請の一例は以下の通りです。

  • 建設業許可(新規取得・決算変更・許可更新・業種追加など)
  • 宅建業免許(新規取得・免許更新など)
  • 飲食店営業許可(新規取得・許可更新など)
  • 古物商営業許可(新規取得・許可更新など)
  • 帰化許可申請(在日の韓国、中国人の方など)

当事務所では司法書士・行政書士の両資格を保有することで、上記の各許認可や届出後の登記申請まで一連の手続きをワンストップでサポートさせていただきます。

上へ